トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

≪大会レポート≫

11月23日、勤労感謝の日。第8回チャンピオンロード〜オータムCSシリーズ〜が開催された。
100名を超える参加者の中、決勝に残ったのは以下の4名。
鈴木 翔穂さん
伊藤 琢己さん
嶋田 学さん
寺本 喜一さん
(準決勝までの成績順)

寺本さん以外はトップならほとんど無条件、鈴木さんは寺本さんがトップなら2着以下でも優勝の可能性がある。

鈴木さん→嶋田さん→伊藤さん→寺本さんの並びで決勝戦開始。

東1局からロケットスタートを決めたのは嶋田さん。
まずは先制リーチの伊藤さんを臆せず追いかけて満貫を引きアガると、
東2局も伊藤さんのリーチに正面から勝負し5800を討ち取る。
いきなり1万点近い失点を喫した伊藤さん、意気消沈かと思いきや1本場でみたびリーチ。

東2局1本場 南家・伊藤さん
 ツモ ドラ 裏ドラ

これを一発で引きアガり、嶋田さんに肉薄する。
流石は決勝戦、簡単には引き下がらない意気込みを感じる。

伊藤さんは続く親番も前に出て、早いチーテン5800を入れる。
これは逆襲開始か・・・と思いきや、伊藤さんが何気なく河に置いたにロンの声。

東3局1本場 北家・嶋田さん
 ロン ドラ

なんと高目ツモ倍の12000。再び嶋田さんが突き出る。
これで勢いづいた嶋田さんが東場を逃げ切り、勝負は南場へ。

南1局では鈴木さんがアガリへの執念を見せる。
南1局 東家・鈴木さん
 ドラ

中盤を過ぎてが3枚枯れ、苦しい形だがここからをチー、打。 さらにをチーして打
ドラのと引き入れて片アガリの満貫テンパイへ華麗な変身。

 チー チー ドラ

アガれば追撃の狼煙となったが、この手はここまで。

南3局、残すはあと2局。
会場にも嶋田さんの優勝ムードが流れ始めたその時、またしても伊藤さんが来た。

南3局 東家・伊藤さん
 ドラ

この待ちがなんとリーチ時点で山に3枚!
すぐに寺本さんからが出るが当然の見逃し、更に嶋田さんにが流れて残るはあと1枚。
最終ツモ、力を込めて山に手を伸ばすが・・・無念の流局。

1本場は嶋田さんに流されて、いよいよ残すは寺本さんの親番のみ。
ここまで出番の少なかった寺本さんだったが、最後の親で意地を見せる。

南4局1本場 東家・寺本さん
 ツモ ドラ 裏ドラ

連荘狙いのリーチドラ1だったが、これをツモるとなんと裏3!

更に2本場、テンパイが苦しいとみるやすぐさま形式テンパイに向かって仕掛けを入れる。
まだまだ諦めていない、それどころかもうひとアガリで嶋田さんに追いつく―――。

南4局2本場 西家・嶋田さん
 ツモ ポン ドラ

そう思った瞬間、嶋田さんが静かに牌を引き寄せていた。

嶋田さんはグランドチャンピオン大会を含めこれで4回目の優勝。
リスクを恐れず早めに勝負へ向かう姿勢、点棒を持ってからの局回しはプロにも見習う点があると感じた。
嶋田さん、おめでとうございます!

さて、いよいよ道半ばを過ぎたチャンピオンロード、次回は12月23日(土祝)、日本オープンシリーズとなります。
皆様の参加をお待ちしております。

(文・綱川 隆晃)

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー